キッチンコンロの掃除

キッチン、特にコンロ、換気扇周りは油汚れギトギトがびっしり。
そんな時は、アルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダを活用してお掃除しましょう。 
 
キッチンコンロ掃除

 

重曹を使うか、セスキ炭酸ソーダを使うか?

コンロ周りの掃除は、どちらも活用できますが、汚れがきつい場合はセスキ炭酸ソーダのスプレーが良いと思います。重曹は極弱のアルカリ性なのに対して、セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性です。なので、セスキ炭酸ソーダの方が油はよく溶かして取ってくれます。また、重曹は水に溶けにくい(お湯には溶けます)ので、スプレーのつくり安いセスキ炭酸ソーダのスプレーを活用するのが良いと思います。
 
重曹が重宝する場面は、その重曹の粒の研磨力が欲しい時です。スプレーだけじゃ無理な時に、重曹の研磨で良く助けられます。
 
焦げ付きなどのひどい「五徳」や「魚焼きグリル」などの掃除は、別ページにて詳しく紹介してますので、そちらをご覧ください。
 
魚焼きグリルの掃除
五徳掃除(作成中)
 
 

毎日の料理のあとに掃除すると簡単

毎日の料理のあと、コンロが温かいうちに掃除すると、汚れが簡単に落ちます。目立つ汚れなどはティッシュでサッと拭き取り。その後、重曹水やセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして、スポンジなどで軽く擦り、布で拭き取ります。
 
「五徳」や「魚焼きグリル」以外なら、それほど掃除は大変ではないはずです。
五徳や五徳の下にある汁の受け皿は取り外して洗いましょう。
 
 

掃除箇所別「重曹掃除、クエン酸掃除」↓↓

お風呂掃除

風呂掃除 重曹

 

トイレ掃除

トイレ掃除 クエン酸