風呂掃除全般

重曹 研磨作用

お風呂掃除に重曹、クエン酸が大活躍です。
普段の掃除から、大掃除まで、是非活用してみて下さい。
使い方もとても簡単です。

浴槽の掃除、壁面、カランの掃除

重曹を活用します。
重曹の粉をサッと浴槽にふりかけ、濡らしたスポンジで優しく全体をこすります。
重曹の優しい粒の研磨作用と極弱アルカリ性で、浴槽の滑りをとります。
重曹 風呂掃除

 
同じように、壁面やカランなども擦っていきます。
壁面に重曹を振りかけるわけには行かないので、スポンジに重曹を少しかけ、少し水で湿らせて掃除します。そんなに、いっぱい使わなくて大丈夫です。
 
重曹は水には溶けにくいので、ペースト状つぶつぶの残った状態で擦れます。
 
風呂場の床は、水切りのために溝があることが多いので、バスブラシなどを使い、少し重曹をつけてこすります。風呂の扉など、凸凹しているところも同じです。
バスブラシ

 
カランの水垢が酷い場合はクエン酸を使って溶かして掃除する方が良いのですが、普段の掃除はこの重曹の研磨作用で磨くだけでピカピカになります。
下記ぐらいの水垢なら、重曹でこするだけで十分です。
重曹 水垢

 
最後は、水で重曹を流し落としましょう。

カランの水垢 曇りを取る(クエン酸掃除)

軽い水垢なら重曹で擦ってあげるだけで十分なのですが、水垢のカルシウムがこびりついてしまった場合はクエン酸の酸性の力を使って、溶かして掃除を行います。
 
クエン酸水をカランにかけて、上からラップやテッシュを貼付けて湿布します。そのまま30分ほど放置します。クエン酸の濃さ、放置時間は水垢の度合いによって調節します。このクエン酸掃除はクエン酸の酸性パワーで水垢を溶かす掃除です。多少時間がかかります。
 
(※注:大理石、他、酸に弱いものは溶かしてしまうので、このクエン酸掃除は使えません。)
 
その後、スポンジや古歯ブラシ等で軽く擦ります。
 
 クエン酸水の濃さと放置時間をうまく調節できれば、これでかなり落ちます(溶けます)。
 

浴室扉の掃除(重曹、クエン酸掃除)

お風呂掃除で意外と忘れがちなのが、浴室扉。
特に、扉の通気口や、浴室扉枠の外側下部分に水垢がびっしり何てことも、、
 
重曹とクエン酸を上手に使って綺麗にしましょう。
 
まず、扉全体は、重曹水をかけたあと、あるいは濡らしたスポンジに、重曹を少しつけこすります。最後は水で洗い流します。よくすりガラスのような凹凸のある浴室扉がありますが、その凸凹にカビが残っている時があるので、その時は浴槽ブラシなどで擦ってあげます。
風呂扉掃除

 
扉の通気口は、細いので、冊子ブラシなどを活用して掃除してあげます。重曹水をスプレーし、サッサッと冊子ブラシで掻き出す感じで掃除します。最後はシャワーで流しましょう。
(浴室の外に水が溢れないように注意が必要です)。
 
浴室扉の掃除でなかなか手強いのが、浴室扉の枠、外側の下に水垢がこびりついた場合です。昔はマイナスドライバーなど活用して、カリコリとこそげ落としていたのですが、失敗すると、白い塗装まで取ってしまうこともあり、なかなか難しい掃除でした。
クエン酸の酸性の力で掃除できることを知ってからはかなり、楽に掃除できるようになりました。
水垢 クエン酸
 
 
やり方は簡単。
クエン酸水をスプレーし、ラップししばらく放置するというもの。最後は雑巾などで拭き取ってあげます。
 
最近は、もっとズボラに、クエン酸の粉を枠の部分にふりかけ、水スプレーをふりかけ放置しています。
クエン酸 風呂掃除

クエン酸をかけ(湿気ていると固まっている時があるので注意)
 
クエン酸掃除

水スプレーをし、その場でクエン酸水にします。
 
カランなどとは違い、粉が落ちることもないので、このやり方が大変楽です。しばらく放置し様子を見ながら、クエン酸足したり、水を足したりしています。やはり最後は、クエン酸が残らないようにしっかり拭き取りましょう。
 

クエン酸、注意点

大変便利なクエン酸、クエン酸掃除ですが、その酸性パワーによって気をつけなければ行けない事がいくつかあります。
 

  • ・厳禁!!塩素系の洗剤と一緒に使っては行けません。有毒ガスを発生します。
  • ・大理石やセメント等は溶かしてしまうので使用出来ません!他、酸に弱い素材には使えません。
  • ・クエン酸掃除の時はゴム手袋をしましょう。
  • ・グレードを確認して使いましょう。食品添加物として使うのか、掃除で使うのか。値段も全然違って来ます。
  • ・小さいお子さんのいる家庭では、特に取り扱いに注意しましょう。乳幼児の手の届かないところに!

 

掃除箇所別「重曹掃除、クエン酸掃除」↓↓

お風呂掃除

風呂掃除 重曹

 

トイレ掃除

トイレ掃除 クエン酸